キビたび

  • キビタン観光通信
  • キビたび
  • お問い合わせ
12月号のキビたび キビタン行楽 キビタンの旬歴 キビでり キビタンアンテナ キビチャレ

キビたびバックナンバー

2013年6月号 2013年7月号 2013年8月号 2013年9月号 2013年10月号 2013年11月号
2013年12月号 2014年1月号 2014年2月号 2014年3月号

今回のチャレンジは伊達市の伊達な宝を探せ!〜政宗からの挑戦状〜を体験!!

伊達な宝を探せ!〜政宗からの挑戦状〜を体験

   平成25年11月1日から平成26年1月31日までの期間、伊達市で展開されているトレジャーハンティングゲーム。その名も「伊達な宝を探せ!~政宗からの挑戦状~」。
   伊達市内にある伊達氏ゆかりの史跡を中心に、歴史や街並みを探索しながら指令(問題)を解いていく体験型の宝探しです。謎解きは、携帯電話機能の“QRコード”を使って行います。

※ゲームに参加するにはQRコードに対応したアプリのあるスマートフォンまたは携帯電話が必要です。
※ゲームに参加した場合、通信の際にパケット通信料金が発生します。
お持ちのスマートフォン・携帯電話のパケット通信プランをご確認の上、ゲームにご参加ください。パケット通信料金はご参加の方の負担となります。

   イベントのポスターは公民館や図書館、阿武隈急行構内などに貼り出されています。そこに記載されている“QRコード”を読み込むとゲームの概要を知ることができます。ポスター設置場所にハガキサイズのエントリーカードも置いてあるので、それを貰います。問題のストーリーは高子編と梁川編、各地区に「政宗の宝」「愛姫の宝」の2話づつ、合計4つの宝物を探し出します。

伊達な宝を探せ!〜政宗からの挑戦状〜を体験エントリーカード

▲エントリーカード

伊達な宝を探せ!〜政宗からの挑戦状〜を体験イベントポスター

▲イベントポスター

Point
「伊達の散歩道」(やながわ編・ほばら編)
このパンフレットにヒントが記載されているので、持っていくと謎解きの手がかりになります!
   今回は保原駅構内でエントリーカードをもらいました。
   伊達市観光物産協会が構内にあるので、宝探しについて少しお話しをお伺いした所、1話あたり約1時間かかるそうです。
   「伊達の散歩道(やながわ編・ほばら編)を見ればだいたい謎が解けるようになっていますが、わからない所があったらいつでもお電話くださいね!」と笑顔で見送られました。心強いです!

QRコードを読み取った携帯の画面を見ると、なにやらそこには問題と地図が表示されています。「ふむふむ。もしかしたら1時間もかからないで高子地区はクリアできるかもしれない!」と思い向かいます。(が、この後で苦戦することになろうとは…)
伊達な宝を探せ!~政宗からの挑戦状~ 宝探しスタート!!

スタートの場所に向いQRコードを読み込みます。高子地区のとある場所の周辺地図が画面上に表示されたので地図を頼りに向かいます。

そこで伊達政宗のキャラクターが書かれたQRコードを発見!!早速読み込みます…すると、次の指令(問題)と伊達氏の歴史が表示されました。
市民の憩いの場となっているこの場所は、天正19年(1591年)、伊達政宗が豊臣秀吉に伊達郡を召し上げられた折り、金鉱石の精錬所跡を隠すべく土手を築いたという伝説がある。
ここはこんな伝説があったんだ…感心しているのもつかの間! また地図がでてきました。次の指令を求めて意気揚々と歩きだします。ほどなくして指令のあるはずの場所までたどり着いたのですが…。

すぐに見つかるだろうと勝手な思い込みがあった為、ここでは大苦戦。まったく見当たらず、同じ所を何度もぐるぐる周り、30分ぐらい経過…額に汗が滲んできました。
もしかしたら指令すら存在しないのではないかと思いはじめ、伊達市観光物産協会へ助けを求めようとした矢先、見つけました!!物陰の裏にひっそりと貼り出されています!!指令がまさかこんな所にあるとは…

そこからはスムーズに目的地にたどり着き、見事に政宗の宝をGET!!

その後、苦戦しながらも残り3つの宝を探し出すことに成功!!!
今回の場合は4話クリアで約5時間半かかりました。

やったー!クリアだー!!

エントリーカードを持って保原駅構内の伊達市観光物産協会へ向かいます!!
見つけ出した宝は携帯に保存していたので観光協会の方にチェックしてもらい、スタンプを押してもらえます。

1地区クリアにつき、発見者賞としてオリジナルステッカーが1枚もらえます!
(今回は4ヶ所全部クリアしたので4枚もらえました)
これに必要事項と簡単なアンケートに答えて応募すれば、豪華賞品が抽選で当たります!!(当たりますように!!)
それぞれの場所に向かうには、移動距離が少しありますので車や自転車での移動が望ましいと思います。
冬休み、子供さんと一緒に歴史の勉強に宝探しするのもオススメです。

今回は1日で4ヶ所、駆け足で全部周りましたが、期間中であればゆっくり周るのもいいかもしれません。「伊達な宝を探せ!~政宗からの挑戦状~」の宝探しを通して伊達氏ゆかりの史跡を訪ね、よく知らなかった伊達の歴史に親しみました。かの有名な伊達政宗の足跡がこんなにも身近にあったことを知ることができて、伊達市をより一層身近に感じるようになりました。
ぜひ皆さんも宝さがしに挑戦してみてください!

お問い合わせ先

伊達市観光物産協会

場所:伊達市保原町字東野崎45-9
電話:024-529-7779公式webにリンクGoogleマップにリンク
  • 1ページ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 5ページ
  • 6ページ
  • 7ページ
  • 8ページ
  • 前ページ

8ページ中8ページ目を表示

福島県

topへ戻る