キビたび

  • キビタン観光通信
  • キビたび
  • お問い合わせ

キビタン行楽 キビタンの旬歴 キビでり キビタンアンテナ 6月号のキビたび

キビたびバックナンバー

2013年6月号 2013年7月号 2013年8月号 2013年9月号 2013年10月号 2013年11月号
2013年12月号 2014年1月号 2014年2月号 2014年3月号

キビタン行楽6月号では新しく道の駅に加わった「奥会津かねやま」と「さくらの郷」の魅力をご紹介します。

道の駅「奥会津かねやま」

道の駅「奥会津かねやま」

4月26日にリニューアルオープンを迎えた道の駅「奥会津かねやま」。以前は「お食事処こぶし館」として町内外にファンも多く、作家・写真家の椎名誠さんもその一人です。椎名さんは映画の撮影以来、毎年のように金山町を訪れており、「お食事処こぶし館」の「煮込みカツ丼」を絶賛したそうです。道の駅にリニューアルしてからは、椎名さん絶賛のカツメニューに力を入れ、「カツ定食ダブル」「カツカレーダブル」などボリューム満点の新メニューが登場しました。

こだわりの食

また、もう一つのオススメメニューである「アザキ大根高遠そば」。「アザキ大根」は、なんと金山町にしか自生していないのです!毎年、刈り取り後の蕎麦畑を耕すと勝手に生えてくるそうで、野菜の花とは思えないほど美しい薄紫色の花をつけ、毎年観光客が見に来るほどです。そのアザキ大根をすりおろした「アザキ大根高遠そば」は、特有の辛みが人気であり、金山町でしか食べられない逸品です。

天然の炭酸水あくあいず

土場産品等の画像またたび細工等の地場産品・農産物販売所などが併設されており、憩いの場として注目されています。

カツメニューの画像

「アザキ大根高遠そば」

お問い合わせ先

道の駅「奥会津かねやま」

場所: 大沼郡金山町大字中川字上居平949-8
時間: 9:00~18:30(冬季は17:30)
食堂/11:00~15:00
軽食/9:00~11:00
及び15:00~18:30
電話: 0241-55-3334
    公式webにリンク Googleマップにリンク

道の駅「さくらの郷」

「いわしろ農産物直売所 さくらの郷」が2013年4月1日より「道の駅さくらの郷」として新スタートしました。 道の駅の入口に立つと、片隅に目を引く看板が!

あっちの文字
「あっち!?道の駅に石窯!?」と疑問を抱きながらも矢印の方向へ進んでいくと、そこには青空のもと立派な石窯を発見!!!
なんと!道の駅さくらの郷では、土曜・日曜・祝日限定で焼き立てのピザが味わえます!
石窯を使って目の前で焼いてもらえるので、焼き立てアツアツトローリの美味しいピザを堪能することができます。トッピングは季節によって変わり、旬の野菜が味わえます。
オリジナルのみそとチーズが絶妙な「みそ味ピザ」はここでしか味わえない一押しメニューです。また、5人以上であればピザ作り体験も可能です!

石窯は、多くの方に自慢の野菜を美味しいピザで堪能していただこうと、8年前にスタッフの手により建てられました。近年ではピザ作りを通して男女の出会いが生まれるイベント「出会いの石釜ピザ作り」を開催してます。(カップル成立はもちろんゴールインしたカップルもいるそうです。)

ぜひ皆、お友達・家族などお誘いあわせのうえ、地域の美味しさがギュッと詰まった極上のピザを堪能してみてはいかがですか。

ピザの料金表

「さくらの郷」の魅力画像

お問い合わせ先

道の駅「さくらの郷」

場所: 二本松市東新殿字平石田12-2
時間: 9:00~17:00
電話: 0243-68-4770
    公式webにリンク Googleマップにリンク

キビタン旬歴6月号ではホタル鑑賞のオススメポイントを紹介

道の駅奥会津かねやま

夏の風物詩のひとつであるホタル。福島県内各地でホタルの鑑賞が楽しめるスポットがありますが、今回オススメするのは、桑折町の産ヶ沢川のホタルです。

産ヶ沢川では一晩に、およそ4,000匹ものホタルを観測した時期もあるのです
※ホタルの観れる期間は6月中旬〜7月上旬です。

また、うぶかの郷近く産ヶ沢親水公園や産ヶ沢川ホタル自然公園では、ホタル保護のボランティア団体の皆さんが、毎年ホタルの案内人としてホタルにまつわる様々なお話をしてくださいます。

ホタル画像写真提供:伊東新一氏

ホタルの案内人

ホタルの画像写真提供:佐藤克彦氏

写真を提供いただいた佐藤克彦さんは、日本広報協会が主催する平成22年全国広報コンクールにおいて、桑折町の広報誌「広報こおり」を手掛け、組み写真の部で部門最高の総務大臣賞・特選の表彰を受けた腕前です!

実は昨年、私が産ヶ沢川のホタルの撮影に挑戦したところ、うまく撮影できずに困り果てていました。そこでご紹介いただいたのが佐藤さん!ホタルの撮影ポイントとして、明るい時間帯にカメラのピントを合わせておく、iso感度を上げる、絞りを最大限に開いてシャッタースピードを遅くするなどのアドバイスをいただきましたがその日は日が暮れてからの挑戦でしたので、残念ながらピント調整が上手くできず断念してしまいました。今年こそアドバイスをもとにリベンジです!くま

お問い合わせ先

桑折町観光協会

場所: 伊達郡桑折町字本町17-5
電話: 024-582-2474
    公式webにリンク Googleマップにリンク

キビデリ6月号ではサバの味噌煮をパンズにはさんだ「国見バーガー」をご紹介します。

国見バーガー

今回ご紹介する「キビでり」は国見町商工会青年部の皆さんが考案した「国見バーガー」です。知る人ぞ知るまさに国見町の新名物なのです。
気になる中身は、なんと…「サバの味噌煮」です!ご飯との相性は抜群ですが、果たしてパンとの相性は!?

一口食べてみると、その疑問が一瞬で吹き飛びます。驚くほどに「サバの味噌煮」と「パン」の相性がマッチして美味しいのです! 皆さんも是非一度ご賞味ください!

毎週火曜日~金曜日(祝日を除く)の11:00~14:00まで、国見商工会館前のキッチンカーで販売されています。また、7月21日(日)・22日(月)のふくしま復興祭“食のオールスターゲーム”でも販売されます。

国見バーガーとは!!

お問い合わせ先

国見町商工会青年部

場所: 伊達郡国見町大字藤田字南20
電話: 024-585-2280
    公式webにリンク Googleマップにリンク

家庭の味「けんちんうどん」

こだわりの食

旧岩代町で採れた新鮮な野菜をこれでもかというくらいふんだんに使ったけんちんうどん!

さっそくいただいてみると、家庭の優しい味付けにモチモチした歯ごたえのうどんが独り暮らしの私にはたまらなく美味しく美味しい!!
こだわりのうどんは地元産の粉を使い、打ち立てのものを提供。

うどんも野菜もボリューム満点のため男性でも満足のいく一品です。夏は冷やしうどんも販売され、季節にあわせたうどんを楽しめるのも魅力の一つです!

自慢のけんちんうどん

お問い合わせ先

道の駅「さくらの郷」

場所: 二本松市東新殿字平石田12-2
時間: 11:00~15:00
電話: 0243-68-4770
    公式webにリンク Googleマップにリンク

キビタンアンテナ6月号では会津地域全域の情報が集まる「iらんしょ」をご紹介します。

会津全域の情報が集合

NHK大河ドラマ「八重の桜」の放送を契機に、会津若松市を訪れたお客様に会津地域の魅力を知っていただき広域的に楽しんでいただきたいとオープンした会津広域観光情報センター「iらんしょ。」

※詳しい情報はメルマガ「キビタン観光通信vol.2」へ。

施設内には休憩所があり、無料でお茶がいただけます。パンフレットを片手にゆっくりと会津の旅の計画を立ててみては。常駐するスタッフの方からアドバイスももらえますよ!「iらんしょ。」の豊富な情報量は会津地域初心者にも心強い存在です!!

取材でお伺いしたときは「YOROI工房あいづ」さんの鎧が展示してありました。間近で見ると、細部までこだわった作りに感動!!鎧の材料が紙ということで改めて驚きました。紙といってもただの紙ではなく水性のセメントを塗り、塗装を重ねることで丈夫な仕上がりになるそうです。

注目情報

会津17市町村の役場間の距離と車での所要時間が記されており、会津広域の観光プランをたてる上でお役立ち!

こぼNHK大河ドラマ「八重の桜」を応援するため、起き上がり小法師となって誕生!背負っている銃の中にはお花の種が入っており、打たれた場所には数日後、きれいなお花が咲くと言われています。

店内の様子

お問い合わせ先

会津広域観光情報センター「iらんしょ。」

場所: 会津若松市大町1丁目9-29
時間: 9:30~16:00
期間: 26年2月末日まで
電話: 0242-23-7854
駐車場: カネマンパーキングをご利用ください。30分無料駐車券を1枚差し上げます。
    公式webにリンク Googleマップにリンク
福島県

topへ戻る